ケリー国務長官:ギュレン師引き渡し、米国は正式要請を待つ状況

  • 米国がクーデターに関与したとの非難は無責任だとケリー国務長官
  • 米が引き渡し要請を認めるには確かな法的根拠が必要

ケリー米国務長官は、トルコ政府がクーデターの首謀者だと主張する米国在住のイスラム教指導者ギュレン師について、トルコからの正式な引き渡し要請を待っているところだと述べる一方、米国がクーデターに関与したとの主張については「無責任」だと退けた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。