円下落、トルコ・リラ戻す-トルコのクーデター失敗で懸念和らぐ

  • リラは下げ幅を3分の1余り縮小
  • S&P500種先物も15日の安値から値を戻す

18日のアジア早朝時間の外国為替市場ではトルコで起きたクーデターが未遂に終わったことを受けて懸念が和らぎ、円が下落する一方、トルコ・リラと米株価指数先物は下げ幅を縮小した。

  リラは下げ幅を3分の1余り縮小。S&P500種先物も軍の一部勢力がクーデターを企てたと伝えられた15日の安値から回復した。オーストラリア・ドルと南アフリカ・ランドも値上がりした。トルコのエルドアン大統領は190人を上回る民間人が犠牲となったクーデターが未遂に終わった後、関与した軍関係者への厳しい処罰を命じた。

  円の対ドル相場は0.6%安の1ドル=105円54銭。リラは2.1%上昇し、1ドル=2.9565リラ。15日は4.6%下げていた。南ア・ランドは1.3%高。豪ドルは0.3%上昇し、1豪ドル=0.7599米ドル。
  
原題:Investors Dial Back Turkey Concerns as Yen Weakens, Lira Gains(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE