【今週の債券】長期金利上昇か、政府・日銀対策めぐる議論に不透明感

  • 長期金利の予想レンジはマイナス0.27%~マイナス0.18%
  • 月末までどのようなかく乱材料登場するか分からず-SMBC日興 

今週の債券市場で長期金利は上昇すると予想されている。ヘリコプターマネー政策など政府が策定する景気刺激策への警戒感から、売り圧力が掛かりやすいことが背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。