タカタがエアバッグ試験データ改ざん-ホンダとの共同調査で判明

更新日時
  • タカタの技術者はホンダに「美化された短縮版」を提出
  • 保険協会の元幹部オニール氏が両社によって起用され、調査を主導

タカタが最大顧客であるホンダに報告するエアバッグ・インフレータ(膨張装置)の試験結果を日常的に改ざんしていたことが、現在行われている両社が委託した調査で明らかになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。