NY原油(15日):続伸、ナイジェリア港の不可抗力発動や製品過剰で

15日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が続伸。1バレル=46ドルに近づいた。エクソンモービルはナイジェリア最大の原油積み出し港について、不可抗力条項(フォースマジュール)の発動を宣言した。一方で米エネルギー情報局(EIA)が今週発表した統計では、先週の米原油生産が6月上旬以降で初めて増加したほか、ガソリンや留出油の在庫増も明らかになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。