フォートレス訴訟、元幹部の上司はALSをサッカーでの負傷と誤解

フォートレス・インベストメント・グループの元幹部が同社を相手取り、ロンドンで不当解雇の訴えを起こした問題で、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患っていたこの元幹部を解雇したマネジングディレクターは、元幹部が50メートル余りの距離を止まらずに歩けなかったことには気づかなかったほか、足を引きずっているのはサッカーで負傷したためだと考えていたと証言した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。