投資銀行の収入80億ドル減少も、英EU離脱決定の影響で-ボストンC

  • 手数料は世界的に低下する見通し、英EU離脱決定で
  • 銀行は一部事業を閉鎖あるいは欧州の他都市に移転も

英国の欧州連合(EU)離脱決定により、投資銀行の収入は約80億ドル(約8400億円)縮小し、証券会社はトレーディング事業の一部撤退を強いられる可能性があると、ボストン・コンサルティング・グループがリポートで指摘した。

  15日公表された調査リポートによると、合併・買収(M&A)の助言や株式の引受業務、債券セールス、証券取引で得られる収入は2016年に約2040億ドルと、前年の2280億ドルから減少する見通しだ。英EU離脱決定の直接的な影響を踏まえ、従来予想の2120億ドルから下方修正された。欧州域内のM&A手数料収入は最大で60%減少する可能性があるという。

  既に苦しい状況に陥っている欧州の銀行は、一部のトレーディング部門を他のEU加盟国に移すコストの高さから、むしろ撤退を選択する可能性があるとリポートは分析。

  フィリップ・モレル氏の主導でまとめられたリポートは、「一部の銀行にとって、英EU離脱決定は撤退の加速につながり得る」と指摘。「市場の動揺や企業の信頼感喪失を通じた短期的な収入見通しと、企業の変革が妨げられることによる長期的な収入見通しの両方に、英EU離脱決定は影響を及ぼす可能性が高い」と続けた。

原題:Brexit May Cut Investment Banks’ Revenue by $8 Billion, BCG Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE