生保協新会長:マイナス金利の拡大、効果より副作用大きい

生命保険協会の根岸秋男新会長(明治安田生命保険社長)は15日の就任会見で、日本銀行の金融政策について、マイナス金利幅(現在0.1%)を一段と拡大すれば「その効果よりも副作用が大きくなってくるのではないか」と述べ、追加緩和に疑問を呈した。1月にマイナス金利政策を導入以降、金融仲介機能の低下や個人の消費マインドへの悪影響が出ているとの認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。