河合東大教授:今月に追加緩和が必要とは思わない-日銀会合

  • イングランド銀行でさえ金融政策を据え置き-河合氏
  • 1ドル100円割れが続くようなら追加緩和、為替介入が必要-河合氏

東京大学の河合正弘教授は、日本銀行の金融政策について、今月28、29の両日開かれる金融政策決定会合で追加緩和に踏み切る必要とは思わないとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。