ポンド、今週は09年来の大幅高へ-新政権が発足、中銀は金利据え置き

今週の外国為替市場で、ポンドが週間ベースで2009年以来の大幅高に向かっている。メイ首相率いる新政権の発足とイングランド銀行(英中央銀行)の予想外の金利据え置きが追い風になった。

  ロンドン時間15日午前9時16分(日本時間午後5時16分)現在、ポンドは前日比0.5%高の1ポンド=1.3406ドル。一時は6月30日以来の高値となる1.3481ドルを付けた。前週末比では3.5%高で、2009年5月以来の大幅上昇。

  対ユーロでは前日比0.2%高の1ユーロ=83.20ペンス、前週末比で2.5%高。

原題:Pound Set for Best Week Since 2009 as May, Carney Fuel Rebound(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE