台湾株、強気相場入り-堅調な企業業績や高い配当利回りで資金流入

15日の台湾株式市場で指標の加権指数が上昇し、強気相場入りした。堅調な企業業績や配当利回りの高さが材料視され、世界の投資家の資金が台湾株に流れ込んだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。