印インフォシス、通期売上高伸び見通し引き下げ-企業がIT支出削減

ソフトウエアサービス輸出でアジア2位、インドのインフォシスは、2017年3月期の売上高の伸び率見通しを引き下げた。企業が世界的に情報技術(IT)支出を減らし、クラウドベースのソフトウエアサービスに移行していることが背景。株価は下落した。

  同社はドル建ての17年3月期売上高の伸びが10.8ー12.3%になるとの見通しを示した。従来予想は11.8ー13.8%だった。インフォシスの株価は現地時間午前10時42分(日本時間午後2時12分)現在、前日比8%余り下落している。

  4ー6月(第1四半期)の売上高は1678億ルピー(約2645億円)と、アナリスト予想の1703億ルピーを下回った。純利益は13%増の344億ルピーと、ブルームバーグがまとめた予想平均と一致した。 

原題:Infosys Cuts Sales Outlook as Companies Curtail IT Spending (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE