ポール・クルーグマン氏:日本は4%にインフレ目標引き上げを

更新日時
  • 大規模だが一時的な財政刺激策も呼び掛け
  • 必ずしも「ヘリコプターマネー」を含む戦略を採用する必要ない

ノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマン氏は日本が物価を押し上げるため、インフレ目標を4%に引き上げるとともに、大規模だが一時的な財政刺激策を講じるべきだとの考えを示した。

  同氏は14日、シンガポールで開かれた会合で、日本の政策当局が必ずしも「ヘリコプターマネー」を含む戦略を採用する必要はないものの、「まとまった額の政府支出」を打ち出すよう呼び掛けた。さらに「現金供与の可能性もある」とした。

  「日本はインフレ率を説得力があるほどの高さに引き上げる必要がある」とするクルーグマン氏は、長期の財政見通しをめぐる懸念は「一時棚上げにしなければならない」と論じた。

  同氏は日本銀行による2%のインフレ目標に関し、日銀の金融緩和の成功を制限している可能性があるとコメント。黒田東彦総裁はインフレ期待の大幅な変化をもたらし、円安や株高を演出することができたが、経済の押し上げは十分大きくないと付け加えた。

クルーグマン氏

Photographer: Scott Eells/Bloomberg *** Local Caption *** Paul Krugman

  クルーグマン氏はまた、安倍晋三首相がリスクを取って景気を刺激しようとしていると称賛。「安倍首相とは大きく意見が異なる点も多いが、首相は経済政策の面で世界の同様の立場にある誰よりも大胆で覚悟がある」と語った。

原題:Krugman Calls for Higher Japan Inflation Target, Fiscal Boost(抜粋)

(3段落目以降を追加し更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE