中国人民元、対ドルで1週間ぶり大幅上昇-経済基調改善の兆し

更新日時

中国人民元は15日、対ドルで1週間ぶりの大幅上昇。4-6月(第2四半期)の国内総生産(GDP)伸び率が予想を上回ったほか、6月の新規融資が増加したことを受けて、政策当局が経済支援に目を向けているとの信頼感が高まった。

  中国外国為替取引システム(CFETS)によると、上海市場のオンショア人民元は現地時間午後5時23分(日本時間同6時23分)現在、前日比0.11%高の1ドル=6.6814元。香港市場で取引されるオフショア人民元は0.03%高。一時は下げていたが、その後上げに転じた。

  中国人民銀行(中央銀行)はこの日の元の中心レートを0.06%元高方向に引き上げた。

原題:Yuan Climbs Most in a Week as China Fundamentals Seen Improving(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE