みずほFG:過去最大4600億円の永久劣後債発行、MUFGも劣後債

銀行の健全性規制で資本性のある社債の発行ニーズが高まる中、みずほフィナンシャルグループは、総額4600億円の永久劣後債の発行を決めた。三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)も同2200億円の劣後債の発行条件を決め、今年の国内社債発行額では1位のMUFGをみずほFGが急追している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。