米FCC、5G向け周波数帯域の開放を承認-通信速度10倍に向け前進

  • FCCは全会一致で承認-遠隔手術含むさまざまな用途に利用へ
  • ベライゾンやAT&Tなど4大携帯電話会社は5G技術試験を計画

米連邦通信委員会(FCC)は14日、第5世代(5G)の無線ブロードバンド(高速大容量)向けで、ほとんど使われていない周波数帯域を開放することを全会一致で承認した。モバイルの通信速度を10倍に引き上げるための大きな一歩となる。音楽や動画をスマートフォンに取り込む第4世代(4G)の通信サービスの後継として、遠隔手術や動画の超高速ダウンロード、工場でのロボット利用などさまざまな用途に利用される。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。