アコゴルフ株が一時13%高、約1600億円でファンドが買収との報道

更新日時

ゴルフ場運営のアコーディア・ゴルフ株が15日午後、一時3年半ぶりの上昇率となった。プライベート・エクイティ(PE)ファンドのMBKパートナーズが買収を計画しているとロイター通信社が14日に報じた。

  アコゴルフ株は一時、前日終値比13%高となり、2012年11月以来の日中上昇率を付けたあと、同12%高の1203円で15日の取引を終えた。午前8時21分から売買停止となり、11時26分に再開されていた。

  同報道によると、MBKはアコゴルフの発行済み株式すべてを買い付ける予定で、買収金額は負債と株式を合わせ約1600億円になる見通しだという。買収完了後にアコゴルフ株は上場廃止になると伝えたが、買収時期については明らかにされていない。

  アコゴルフは15日午前、報道に対し開示資料で「計画の検討に関して把握」しているが「実現性などを十分に認識しておらず」、現時点で開示すべき事項はないとした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE