米ジェフリーズ、レンディングクラブ関連債の発行を再び検討-関係者

  • レンディングクラブの情報開示問題でいったん発行を取りやめ
  • 当初は1億5000万ドル程度の発行額と見込まれていた-関係者

米投資銀行ジェフリーズ・グループは、インターネット金融を手掛けるレンディングクラブの消費者向けローンを裏付けとする債券の発行を再び検討している。事情に詳しい関係者が明らかにした。最高経営責任者(CEO)辞任につながったレンディングクラブのディスクロージャー(情報開示)問題で、発行はいったん取りやめていた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。