英EU離脱の米経済への影響は軽微-地区連銀総裁2人が新たに指摘

  • アトランタ連銀総裁:短期的な影響は「取るに足りず」
  • カンザスシティー連銀総裁:正常化プロセスの段階的な推進呼び掛け

英国の欧州連合(EU)離脱問題は米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策の先行きに暗雲となっていたが、嵐は去りつつある。英国のEU離脱の影響で米経済が変調を来したり、利上げが妨げられたりすることはないとの発言が米当局者から相次いでいる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。