NY外為:円が下落、対ドルの週間ベースでは17年ぶり大幅安も

更新日時

14日のニューヨーク外国為替市場では円が下落。週初から対ドルで下げ基調にあり、この水準で週を終えれば週間ベースでの下げは1999年以降最大となる。安倍晋三首相が策定を指示した経済政策の詳細を見極めようとする動きが強まる中、円売りが優勢となっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。