NY外為:円が下落、対ドルの週間ベースでは17年ぶり大幅安も

更新日時

14日のニューヨーク外国為替市場では円が下落。週初から対ドルで下げ基調にあり、この水準で週を終えれば週間ベースでの下げは1999年以降最大となる。安倍晋三首相が策定を指示した経済政策の詳細を見極めようとする動きが強まる中、円売りが優勢となっている。

  円は主要16通貨の大半に対して値下がり。ブルームバーグの報道によると、バーナンキ前米連邦準備制度理事会(FRB)議長は今春、本田悦朗氏との会談で日本による永久国債発行のアイデアに言及していた。バーナンキ氏は今週、安倍首相らと東京で会談した。また産経新聞は、安倍首相周辺では日銀が国債を買い切って財政資金を提供するヘリコプターマネー政策の導入が検討課題に浮上してきたと報じた。菅義偉官房長官は13日、ヘリコプターマネーの検討を否定している。

  クレディ・アグリコルの為替ストラテジスト、バシーリ・セレブリアコフ氏(ニューヨーク在勤)はブルームバーグテレビジョンで、「当社は円に弱気だ」と述べ、「われわれの目標は現在のところかなり控えめで、当面1ドル=110円、112円といったところだ。だが刺激策が実際に行われた場合に備え、こうした予想を見直す準備はある」と続けた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、円は対ドルで前日比0.8%安の1ドル=105円35銭。週初からでは4.6%の下げとなっている。対ユーロではこの日1.1%安の1ユーロ=117円14銭と、4日続落。

  英国の欧州連合(EU)離脱決定に伴う減速を回避するため、日本や英国が刺激策で対応する兆しが見られる中、円は過去1週間に主要31通貨全てに対して値下がりした。

  コモンウェルス銀行(CBA)のストラテジスト、ピーター・ドラギセヴィッチ氏(ロンドン在勤)は「財政と金融による2本柱の刺激策への期待が、円の下押し圧力となっているのは確かだ」と述べた。

原題:Yen Heads for Biggest Weekly Loss in 17 Years on Abe Signals(抜粋)

(第5段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE