NY金:反落、2週間ぶり安値-株価上昇で逃避需要が減退

14日のニューヨーク金先物相場は反落し、2週間ぶりの安値となった。予想を上回る企業決算を受けて株価が上昇し経済の底堅さが示唆されたことから、逃避先としての金の妙味が低下した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。