米グーグル、検索結果とウェブ広告で競争法違反の疑い-欧州委員会

  • 欧州委は新たに2件の異議告知書送付、調査を拡大
  • グーグル自社サービス優遇の「広範な証拠とデータ」入手-欧州委

米グーグルが競争法違反の疑いで欧州委員会から再び攻撃を受けている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。