債券下落、円安やヘリコプターマネーめぐる議論警戒-超長期債に売り

更新日時
  • 新発20年債利回り0.135%、新発30年債利回り0.185%まで上昇
  • 短期筋はヘリコプターマネー議論をはやし立てている部分も-岡三証

債券相場は下落。外国為替市場での円安進行に加えて、政府・日銀によるヘリコプターマネー政策をめぐる議論に対する警戒感から、超長期ゾーンを中心に売りが優勢となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。