ポンド上昇、EU離脱選択後初の中銀決定控え-メイ新政権誕生の翌日

14日の外国為替市場でポンドは続伸。イングランド銀行(英中央銀行)はこの日、英国の欧州連合(EU)離脱選択後の決定としては初めての金融政策を発表する。

  2009年以来の利下げが見込まれるにもかかわらず、ポンドは主要16通貨中14通貨に対して上昇。ドルに対しては約1週間ぶり高値に近づいている。

  ロンドン時間午前8時19分現在、ポンドは0.6%高の1ポンド=1.3223ドル。13日は一時4日以来の高値となる1.3338ドルを付けた。テリーザ・メイ氏が首相に決まったことを好感し、12日までの3営業日は続伸していた。前内相のメイ氏は13日夕に首相に就任した。

原題:Pound Rises Before BOE’s First Rate Decision Since Brexit Vote(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE