ロンドンから脱出のトレーダー、雨が嫌ならパリはいかが-チャート

英国の欧州連合(EU)離脱を嫌い、欧州各地に向かう急行列車に乗り込むバンカーらが、ロンドンのように気まぐれな天候に悩まされずに暮らす場所を求めるとすれば、パリも捨てたものではないだろう。ブルームバーグ・ビューのコラムニスト、マーク・ギルバート氏がコラムで指摘した。パリは欧州の他の金融センターの大半よりも暖かく、大抵の月の降水日数がロンドンの約半分にすぎない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。