LINE日米上場、初値で時価総額1兆円超-アジアで成長目指す

更新日時
  • 調達資金をスマートポータル、人工知能などに投入-出沢社長
  • 初値は4900円、終値は公開価格比32%高の4345円

無料通信アプリを運営するLINE(ライン)は15日、東京証券取引所1部に上場した。初値をベースとした時価総額は1兆円を超え、IT企業としては今年の世界最大の新規株式公開(IPO)となった。
  
  初値は公開価格(3300円)を48%上回る4900円。その後5000円まで買われ、終値は同比32%高の4345円だった。14日に上場したニューヨーク証券取引所では、初値が公開価格(32.84ドル)を28%上回る42.00ドルとなり、41.58ドルで取引を終えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。