みずほFG、イベントドリブン米株運用のチーム採用-CRTから

  • ブーラン氏ら3人がみずほ入り
  • 10-20人増員の計画と米株責任者のデサルボ氏

みずほフィナンシャルグループは、米国株のイベントドリブン戦略運用チームを米ブローカー・ディーラーのCRTキャピタル・グループから起用した。採用したのはセバスチャン・ブーラン氏ら3人。

  みずほの発表によると、ブーラン氏が合併やスピンオフなど特別なイベントに関連した銘柄を取引するグループの責任者に指名された。上級セールストレーダーのプライアン・E・スミス氏とストラテジストのグレゴリー・ランツ氏もブーラン氏とともにみずほに加わり、米国株責任者のマシュー・デサルボ氏の下に配属される。デサルボ氏も2014年にCRTから移籍した。

  みずほは海外事業を拡大しており、米国で株式トレーダーや債券引き受け、合併助言の関連業務を手掛けるバンカーを採用している。北米の人員を年内に少なくとも10%増やす方針で、デサルボ氏は自身のチームにさらに10―20人を採用する計画だと述べた。

  プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社アクイライン・キャピタル・パートナーズが出資するCRTは、ウォール街の大手からトレーディング業務のシェアを奪うのに苦戦し、一部を売却した後に残った事業を閉鎖しつつある。

原題:Mizuho Hires Boulan’s Team From CRT for Event-Driven U.S. Stocks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE