中国株:上海総合指数、4日ぶり反落-上昇が行き過ぎとの兆し

更新日時
  • 素材株やエネルギー銘柄が下げの中心
  • 香港市場では、H株指数とハンセン指数が共に1.1%高

14日の中国株式相場は下落。上海総合指数が4営業日ぶりに反落した。前日は3カ月ぶりの高値を付けていた。最近の相場上昇は行き過ぎとの兆しが示される中、素材株やエネルギー銘柄が下げの中心となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。