中国人民元:対ドルで6年ぶり安値近辺-輸入減少で景気懸念強まる

更新日時

中国人民元は14日、対ドルで約6年ぶりの安値近辺となった。四半期ベースで2009年以来の低成長となった同国経済の需要が後退しつつあることが、輸入減少で示唆された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。