GDPは忘れよう、中国に必要なのはルーズベルト-謝エコノミスト

  • 不均衡是正なければ日本のような長期の景気低迷も
  • 中国は家計支出の伸び促進に向けた措置が不十分

中国経済が最近安定してきたことは「重要でなく」、政策当局は発展を阻んでいる不均衡に対処する必要がある。さもなければ中国は、日本が長期間見舞われてきたような景気低迷のリスクを抱えることになる。独立系エコノミストの謝国忠氏が指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。