ロンドンの住宅価格指数、7年ぶり低水準に沈む-英EU離脱選択後

  • 6月の指数はマイナス46、2009年以来の低水準-RICS
  • 調査は国民投票の翌日の6月24日から先週にかけて実施

ロンドンの住宅価格を測る指標が金融危機以降の最低水準に落ち込んだ。先月の英国民投票で決定した欧州連合(EU)離脱の衝撃は英全土に広がっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。