中国の万達、パラマウント・ピクチャーズ株49%取得で交渉-WSJ紙

中国の資産家、王健林氏が率いる大連万達集団は、米バイアコム傘下の映画事業パラマウント・ピクチャーズの株式49%取得に関してバイアコムと協議している。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が事情に詳しい複数の関係者の話を基に14日報じた。関係者の氏名は明らかにしていない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。