サウジ石油戦略の勝利を示すこれまでで最も明確なサイン-チャート

  サウジアラビアが中東の主要産油国を率い、世界の原油市場でシェアを守ることを目指してから2年足らずで、国際エネルギー機関(IEA)はこの戦略について判定を下した。それは、サウジが勝者だというものだ。ブルームバーグが集計したデータによれば、石油輸出国機構(OPEC)に加盟する中東産油国の原油生産量は2014年11月以降、日量250万バレル余り増加している。IEAによれば、この戦略により世界市場における中東のシェアは35%に拡大し、1970年代後半以降で最大となった。  

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。