住友生命:米国債は「買えない」、米事業債やモーゲージ債に投資

更新日時

住友生命保険は、新規資金の振り向け先の中心としているヘッジ付き外国債券で、米国債に代わり、米事業債やモーゲージ債に投資している。国内短期金利がマイナス圏に沈み日米の短期金利差で決まるヘッジコストが上昇しているのに加え、米国債自体の利回りも低下しており、投資妙味がなくなっているためだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。