LME銅:一時4月以来の高値、5000ドル突破-追加刺激策期待で

13日のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は一時、5000ドルを突破し、4月以来の高値を付けた。各国の当局による成長刺激に向けた取り組みが金属需要を押し上げるとの期待が高まった。

  イングランド銀行(英中央銀行)が英国の欧州連合(EU)離脱決定後初となる今週の会合で利下げに踏み切ると大半のエコノミストが予想しているほか、安倍晋三首相は国内景気を刺激するための経済対策を計画している。

  LMEの銅相場(3カ月物)は前日比1.4%高の1トン=4938ドルで終了。一時は5032ドルと、4月29日以来の高値を付けた。

  LMEで亜鉛、ニッケル、スズ、アルミニウムは下落したが、鉛は上昇した。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の銅先物9月限は1.2%高の1ポンド=2.24ドル。

原題:Copper Rises to Top $5,000 a Ton on Bets of More Global Stimulus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE