ダラス連銀総裁:6月の米雇用統計、改善が進んでいることを示す

ダラス連銀のカプラン総裁は6月の雇用統計が5月の低調から力強い内容に転じたことについて、労働市場のスラック(たるみ)縮小という点で当局が引き続き前進していることを示していると述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。