米フォートレスの代理人:解雇された幹部はALSの病状を誇張

フォートレス・インベストメント・グループの元幹部が同社を相手取り、ロンドンで不当解雇の訴えを起こした問題で、フォートレスの代理人らは、この元幹部が筋萎縮性側索硬化症(ALS)の病状を実際よりも誇張していると述べた。元幹部は2015年に解雇された当時、会社のロビーの端から端までどうにか歩ける程度だったと主張した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。