米インテルのマカフィー部門、ペルミラらPE会社の関心引く-関係者

  • インテルは同部門の売却を検討している-関係者
  • 同社は銀行と協議したが、アドバイザーの起用はまだ

インテルのコンピューターセキュリティー部門マカフィーに対し、プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社が関心を寄せていると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。インテルは同事業の売却を検討しているという。

  トーマ・ブラボやペルミラ、ビスタ・エクイティ・パートナーズなどの投資会社がマカフィーに関する予備調査を実施していると、関係者らは匿名を条件に話した。

  関係者によれば、インテルは同部門の入札に関して複数の銀行と協議を開いたが、アドバイザーとして起用された銀行はまだなく、インテルはマカフィーを手放さない選択をする可能性もある。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)はインテルがマカフィー部門の選択肢について検討していると先月に報じていた。

  インテルの広報担当者はコメントを控えた。ペルミラの広報担当もコメントを控えたほか、トーマ・ブラボとビスタの広報担当者からはコメントを求める取材に対し、返答は得られていない。

原題:Intel’s McAfee Unit Said to Draw Interest From Thoma, Permira(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE