アバディーン・アセット、英不動産ファンドの解約再開-顧客は翻意

アバディーン・アセット・マネジメントは32億ポンド(約440億円)規模の英不動産ファンドとそのフィーダートラストの対顧客取引を再開した。1週間にわたる解約停止の間に翻意した顧客も多かったようだ。

  英国の欧州連合(EU)離脱決定を受けて解約請求が膨らんだためアバディーンは6日に解約を一時停止した。ファンドの資産価値を当初3.75%引き下げた後、先週は17%引き下げ、顧客に考え直す時間を与えたいとしていた。

  マーティン・ギルバート最高経営責任者(CEO)は発表文で「適正な水準を市場が見つけるまで時間がかかるかもしれないが、不動産が引き続き投資家のポートフォリオで重要な役割を演じると確信している」とコメントした。11日のインタビューで、解約請求のほぼ3分の2が撤回される公算だと語っていた。

原題:Aberdeen Reopens U.K. Property Fund as Investors Change Mind (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE