ゴールドマン:中国の賃金上昇ペースが鈍化-失業率上昇へ

米銀ゴールドマン・サックス・グループは、中国の賃金上昇ペースが鈍化しつつあり、失業率は政府統計が示すより高いとみている。同行のアナリストらは中国の賃金データを「最も透明性の低い公式統計の1つ」だとしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。