中国:6月のドル建て輸出入、いずれも前年割れ-需要の弱さ響く

  • ドル建て輸出は前年同月比4.8%減、輸入は8.4%減
  • 人民元建ての貿易統計はより良好な内容-元安が寄与

中国のドルベースでの輸出入は6月、いずれも前年割れとなった。国内外の需要の弱さが引き続き重しとなっている。

  税関総署が13日発表した6月のドル建て貿易統計によれば、輸出は前年同月比4.8%減少。輸入は8.4%減った。貿易黒字は481億1000万ドル(約5兆円)。人民元ベースの貿易統計は元安の影響を反映し、輸出がやや増加するなど、より良好な内容だった。

  ナティクシスの大中華圏担当シニアエコノミスト、アイリス・パン氏(香港在勤)は「依然として貿易は非常に弱い」と指摘。「まだ大きな改善は見込んでおらず、年後半により大規模で迅速な財政刺激策を想定している」と述べた。

原題:China Trade Shows Sluggish Demand While Weaker Yuan Softens Blow(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE