セコイア・ファンド、加バリアント投資から完全撤退-6月半ばまでに

  • 一時はポートフォリオの30%超を占めていたこともあった
  • セコイアの1-6月の成績はマイナス13%超、S&P500を下回る

ミューチュアルファンドの「セコイア・ファンド」を運用し、かつてはカナダの医薬品メーカー、バリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナルの筆頭株主にもなっていたルアン・カニフ・アンド・ゴールドファーブが12日、損失を出した後の先月にバリアントへの投資から完全に撤退したことを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。