LINEが上場前のグレーマーケットで人気、IPO価格を15%上回る

  • IT企業としてはことし世界最大規模の上場に
  • 直近の日本株続伸で売り急ぎは見られないとトレーダー

スマートフォン向け無料通信アプリを運営するLINEが週内の日米上場を前に、グレーマーケットで投資家の人気を集めている。新規株式公開(IPO)価格は3300円、IT企業としてはことし世界最大規模の上場となる。

  キャンター・フィッツジェラルドによると、13日のグレーマーケットでIPO価格を15%上回る3800円の値が付き、その後売り注文の値段は4000円を上回っている。チャーチル・キャピタルのセールストレーダー、トム・レスキ氏(シンガポール在勤)は買い値3900円に対し4200円の売り値があると明らかにした。LINEは15日に東京証券取引所1部に、ニューヨーク証券取引所には14日に上場する。

  キャンターでアジア株式セールスとトレーディングのマネジングディレクターを務めるハワード・キューム氏(香港在勤)は、「IPO価格を上回る買い値を直ちに示した買い手が複数いた」とし、「投資家はこのIPOを心待ちにし、株式を得ようと試みてきた。ほとんど得られないか、アロケーションなしの投資家が大半だったと聞いている」と述べた。

ラインのキャラクター

Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

  LINEは、韓国のポータルサイト運営会社であるネイバーの子会社。公開時の市場吸収額は約1330億円。公開価格の仮条件は2900ー3300円で、上限に決まった。日本経済新聞は13日、応募倍率が25倍弱だと報道。英国の欧州連合(EU)離脱の判断が下されて間もないタイミングでの上場を心配する声もあったが、日本株は今週上昇しており、懸念は和らいでいる。

  レスキ氏は、「参院選後でアベノミクスや刺激策への期待もあり、グレーマーケットで売り手を見つけるのは難しい状況になりつつある」と指摘。LINEは、15日の国内上場時に公開価格を大きく上回る初値がつくとみられているほか、「相場は連日で上昇しており、売り急ぐ向きはない」と話した。

原題:Line Trades at 15% Above IPO Price in Gray Market Before Debut(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE