PIMCOトータル・リターン:米政府関連債の比率1年半ぶり高水準

  • 6月末時点の組み入れ比率は39.7%と、5月末の36.4%から上昇
  • 同ファンドは約9兆円運用、アクティブ運用の債券ファンドで最大

米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の旗艦ファンド「PIMCOトータル・リターン・ファンド」は、米国の国債と政府関連債券の組み入れ比率を1年半ぶりの高水準に引き上げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。