【インサイト】ドイツ銀の不安反映するCoCo-痛み深まるか

ドイツ銀行にとって今年は嫌な年と呼ぶべき 状況が続いている。株価が急落し、行員の士気低下が伝えられるほか、 英国が欧州連合(EU)離脱を選択したことが見通しをさらに曇らせて いる。債券トレーダーの見方を信じる限り、痛みは深まるばかりといっ た様相だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。