【インサイト】ドイツ銀の不安反映するCoCo-痛み深まるか

ドイツ銀行にとって今年は嫌な年と呼ぶべき 状況が続いている。株価が急落し、行員の士気低下が伝えられるほか、 英国が欧州連合(EU)離脱を選択したことが見通しをさらに曇らせて いる。債券トレーダーの見方を信じる限り、痛みは深まるばかりといっ た様相だ。

ドイツ銀の先行きを債券投資家があまり信頼していないことは、偶 発転換社債(通称CoCo)の値動きを見れば何となく分かる。ドイツ 銀が発行したCoCo(表面利率6%)の価格は11日までの5営業日で 7%余り急落し、11日は年初の高値0.928ユーロを大きく下回る0.758ユ ーロで終了した。その後はやや戻している。

バンク・オブ・アメリカ(BofA)メリルリンチの指数のデータ によれば、市場全体の平均で見るとCoCoの価格は今月に入って上昇 傾向にあり、上位50のCoCo発行体の中でドイツ銀の下げが特に目立 つ。

金融機関の予想外の損失吸収に充当する目的で考案されたCoCo は、発行体が一定の資本要件を満たせない場合、クーポンの支払いが裁 量的に停止される可能性がある。財務がさらに悪化すればCoCo保有 者に損失が発生する仕組みとなっており、投資資金が全額戻らないこと もあり得る。

ドイツ銀は収入の拡大に苦労する中で、規制要件を満たすため に2019年末までに最大25億ユーロ(約2900億円)相当の資本の手当てが 必要になる。英国のEU離脱で金融業界の収入が広く圧迫される可能性 が高い状況では、それは一段と困難な離れ業になりつつあると思われ る。ドイツ銀のCoCoがこれほど下げている事実は、今後数年で規制 要件を満たす十分な資本を準備できそうにないという債券投資家の見方 の表れともいえる。

ジョン・クライアン最高経営責任者(CEO)は独誌シュピーゲル に対し、「そこに問題があるとは考えておらず、今のところ資本増強の 問題は存在しない」と今月述べたが、トレーダーはそう考えていないよ うだ。ブルームバーグ・インテリジェンスによれば、ドイツ銀の株価純 資産倍率(PBR)が欧州の大手金融機関の中で下位に低迷しており、 さらに損失が発生し、株式市場で資本調達を迫られる可能性をそれは示 唆している。

国際通貨基金(IMF)はドイツ銀について、システミックリスク への影響度が大手銀行の中で最も大きい可能性があると先月指摘した。 投資家の不安を同行が認識し、それに対処する具体的かつ現実的なプラ ンを工夫することができなければ、CoCo価格の意味のある回復が近 く実現するのは難しいだろう。

(このコラムの内容は必ずしもブルームバーグ・エル・ピーの意見 を反映するものではありません)

原題:Deutsche Bank Should Heed the Debt Market’s Warning: Gadfly

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE