債券下落、リスクオンの流れ継続-超長期ゾーンは下落後に持ち直す

更新日時
  • 30年利回り一時0.165%と6月24日以来の高水準、午後は0.125%に
  • 超長期ゾーンには押し目買いが入った-みずほ証

債券相場は下落。前日の米国債相場の続落や株高などリスクオンの流れを受けて先物や10年債が売られた。もっとも、日本銀行が長期・超長期ゾーンの買い入れオペを実施する中、前日の30年債入札結果を受けて下落していた超長期債に午後から買いが入るなど、下値は限定的だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。