米国債:続落、入札の需要弱く-記録的上昇後で買い手は尻込み

更新日時

12日の米国債相場は続落し、2営業日での下げ幅は今年最大。今週2度目の国債入札は弱い需要となった。先週の相場上昇で10年債利回りは過去最低を付けていた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。