NY金:7週間ぶり大幅安、株式相場の上昇や成長懸念の緩和で

12日のニューヨーク金先物相場は続落。7週間ぶりの大幅安となった。政策当局者が成長てこ入れに向け行動するとの観測から株式相場が上昇、英国の欧州連合(EU)離脱決定を受けた世界経済への懸念が和らいだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。