EU財務相ら、離脱のプロセス加速を英国に呼び掛け-新首相確定で

  • 英国がリスボン条約50条を発動する必要
  • 英新首相は想定よりも約2カ月早く就任の運び

欧州連合(EU)の財務相らは、メイ内相が首相に就くことが決まった英国に対し、離脱のプロセスを加速させるよう呼び掛けた。プロセスが長引くことによる不透明感は関係国全てに有害だと警告した。

  欧州委員会のモスコビシ委員(経済・財務担当)は12日、ブリュッセルで記者団に「われわれは時間を無駄にしてはならない。英保守党の党首選びは迅速だった」とし、新首相就任が早まったことで離脱プロセスも加速するはずだと指摘した。

  保守党党首の座を目指す対立候補が突然撤退し、メイ氏は想定よりも約2カ月早い13日中に新首相に就任する運びとなった。メイ氏はリスボン条約50条を発動して離脱プロセスを開始するのを来年まで待ちたい考えを示していたが、EU他国の財務相からは支持を得られそうにない。

   12日のEU財務相会合に出席した財務相からは、英国に早急な行動を促す声が相次いだ。ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)議長を務めるデイセルブルム・オランダ財務相は「英国が手続きを開始して初めて交渉を始めることができる。早急に事態を明確にすることは主に英国にとって利益だと考える。無期限に交渉開始を遅らせることは避けるべきだ」と語った。

デイセルブルム・ユーログループ議長(7月12日)

原題:EU Finance Chiefs Call for Accelerated Brexit With May Ascent(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE