NY外為:円が続落、2日間の対ドル下落幅は14年以来で最大

更新日時

12日のニューヨーク外国為替市場では円が続落し、ドルに対する2日間の下げは2014年11月以降で最大となった。安倍晋三首相が策定を指示した経済政策の詳細を見極めようとする動きが強まる中、円の売りが優勢となった。

  円は主要31通貨全てに対し1%超の値下がり。週末の参院選での与党勝利を受け、安倍首相は内需下支えに向けた経済対策を実施する考えを示した。首相は12日、月内をめどに経済対策の取りまとめに向けた準備に入るよう石原伸晃経済再生担当相らに指示した。この日はまた世界の株式相場が上昇し、英国の欧州連合(EU)離脱選択をきっかけとした下げを埋める展開となった。

  ソシエテ・ジェネラルのグローバル・ストラテジスト、キット・ジャックス氏はブルームバーグテレビジョンのインタビューで「日本の投資家の間で利回り追求の動きが広がる中、円は劣勢に立たされている」とし、「円の下げはもう少し進む可能性がある。ポジションのウエートや市場のムードが明るいことがその理由だ」と続けた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、円は対ドルで前日比1.8%安の1ドル=104円69銭。前日は2.2%下げていた。対ユーロではこの日1.9%下落し、1ユーロ=115円80銭。ポンドに対しては3.6%下げた。

  経済対策への期待から12日の東京株式相場は続伸し、日経平均株価は2.5%上昇。前日は4%上げていた。米国ではこの日、S&P500種株価指数が2日連続で過去最高値を更新した。

  カナディアン・インペリアル・バンク・オブ・コマース(CIBC)の為替戦略責任者、ジェレミー・ストレッチ氏(ロンドン在勤)は「リスク志向が上昇傾向にあり、結果として高利回り通貨が上げ、円を含む逃避先の通貨は下げている」と分析。「参院選を終え、財政投入による追加経済対策への期待感が高まっている状況だ」と続けた。

  日本銀行の黒田東彦総裁は、必要に応じてちゅうちょなく追加緩和を行う用意があるとの姿勢を繰り返し表明している。

  ハーモニック・キャピタル・パートナーズの投資パートナー、サミール・シェルデンカー氏は「円のショートが、当社が最も確信を持って推奨する取引だ」とし、「政策当局は強い円を望んでいない。円押し下げのためにできる措置は全て講じるだろう」と続けた。

原題:Yen Falls in Biggest 2-Day Drop Since 2014 on Stimulus Signals(抜粋)

(第5段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE